トップ / 医師の生死に対する考え

医師の生死に対する考え

生死と向き合う医師

外科医師は患者の生死に向き合う

医師にも診療科目によってさまざまな専門分野があります。 その中でも外科を専門分野とする人にとっては外科は患者の生死に日々向き合う必要性があり、ミスについては当然ながら決して許されるわけではありませんので治療のプロフェッショナルとして業務をこなす必要性があります。医師の業務は長時間に及ぶためそうした面でも過酷となっており、外科医があまりいないことが課題となっています。それでも、患者が無事に回復して退院できるということを何よりも喜びとして感じられることがこの職業のメリットといえます。

医師は生死と向き合う仕事

医師の仕事は生死と向き合うことと必ず直面します。例えば、末期がんで見つかった患者さんは、どんなに治療を施したとしても、必ず亡くなってきます。また、人間誰しも命に限りがあります。永遠なんてありません。どんな人間にでも、死ぬことに直面する機会がありますが、医師はその機会が多いと言えます。逆に言えば、死ぬかもしれないと思った人を救うことだってできる仕事です。皆さんそれぞれ使命感を持って患者さんに接しています。

↑PAGE TOP