トップ / 医師の癌に対する取り組み

医師の癌に対する取り組み

医師の癌の宣告とは

医師の癌への対応について

医師は、対応する様々な疾患の中で、癌に遭遇することがあります。完璧な治療方法が見出せないものである以上、できる限りの治療法を試みます。患者や周囲の人からの不安も強まるばかりではありますが、その動揺を少しでも鎮めていくことも仕事のひとつです。治療費についても高額の部類になりますので、出来るだけ負担のかからない取り組み方法を提案します。最後まで、患者や周囲の人たちと一体となって諦めずに取り組むことが大切になります。

医師から癌を告げられるとき

あなたは、医師から癌だと告げられるときを想像したことがありますか?ドラマのように家族総出で結果を聞いて泣き崩れる、なんてことを想像している人も多いかもしれませんが、私の場合はなんと携帯電話でした。「✖✖さん、こないだの組織診ですけど、あれ悪性でした。だから、PET検査必要だから予約しときますね~。」・・・・実は、私は12月の年末近くに入院して手術したのですけど、当初は自分では大したことない良性の腫瘍と思ってたんですよね。でも、実際は違った。ほんと、現実ってドラマとは違ってて、ある意味シュールなんですよね。

↑PAGE TOP