トップ / 医師の患者対応は適切に

医師の患者対応は適切に

医師の患者への対応

医師が患者に接する時の対応

医師が患者に接する時の対応で、信頼できるかどうかの目安になります。何故なら、その人の性格そのものである事が多いからです。早口で話したり、何度も真摯に説明するなど、意外に診察というのは医師のマイペースで行われる事がほとんどです。そのため、診察の段階で違和感がなければ、信頼できるでしょう。逆に、気になるところがあると厳しいかもしれません。といっても、人の印象というのは会うたびに変わるものです。気になる事を尋ねる事で、思い込みがなくなるかもしれません。

医師の患者に対する対応

医師の方は普段、患者さんに対してどのように対応しているのでしょうか。年齢や職歴にもよりますが、ほとんどの場合、病気になって困った人がお医者さんを求めて訪れて、その病気を治す方法を教えてもらい、実際に施術してもらう、薬を処方されるという流れでしょう。医師は頼られる存在です。ですが困っている人と同じ、人間です。同じ「ヒト」ですから、対等に扱ってくれる人がほとんどです。困っていて頼る、困った人を助ける、WIN-WINの関係ですね。

↑PAGE TOP