トップ / 終末期患者に対する医師

終末期患者に対する医師

医師と終末期患者

終末期を迎えた方への医師の行動

誰もがいつか世界を去っていきます。終末期を迎えた方に、医師ができることはどのようなものでしょうか。命に関わる病などでもう治療をする手段がなくなってしまった場合、医療にできることが何もないということを意味します。そんな時、担当医師にできることは、いかに安らかに旅立つお手伝いをするかになります。痛みを和らげたり、死への恐怖をなくしてあげること。ホスピスなどでは、キリスト教の教えを説くという機会を持つことがあり、終末期においてはそのようなことが大変重要になる場合があります。

充実した終末期を支える医師

生きとし生けるものは必ず死を迎えます。全ての人は死ぬのです。その終末期をどのようなものにできるかは、関わる全ての人によって変わります。家族や医療従事者の中でも医師は重要なキーマンになります。死にゆく方の望みをどれだけサポートして差し上げれるかが、せめてもの贈り物になります。また、どういう最期を迎えられたかは亡くなられた方だけではなく、残された方々への影響も大きいものになります。充実した終末期を送れるように、医師たちも奮闘しているのです。

↑PAGE TOP