トップ / 健康診断における医師の意義とは

健康診断における医師の意義とは

健康診断の大切さ

健康診断における医師の意義

健康状態を把握するために、会社や企業では年に1回もしくは2回、健康診断を実施しているところが多いです。健康診断では、血圧測定、問診、採血、胸部レントゲン、胃バリウム検査、尿検査、便検査、医師の診察などが行われます。このような検査を受けることによって、自覚症状のない病気を早期に発見することができるのです。例えば、高血圧は症状がほとんどなく、動脈硬化などの重大な病気を引き起こす可能性があります。また、胃がんや肺がんは初期の頃では症状がほとんどでず、症状が出る頃には進行していることが多いのです。そのため、人々の健康も守るためにこのような健診が行われます。そこで、大事なスタッフは医師です。必ず診察があるので、その際日常で気になる症状があれば伝えるとよいでしょう。また、自分では病院へ行こうと思っても、何科を受診すれば良いのかわからないこともあるので、気になることがあるときは相談してみましょう。

医師に相談しやすい健康診断

年に一度は健康診断をする、という方も多いことと思います。ですが普段病気と無縁で、健康には自信があるという方は面倒だからという理由で健診しない方も中にはいることでしょう。ですが年に一度の健診だけはしっかりと受けた方が良いでしょう。なぜなら、年齢とともに体の調子も変わってきますし、万が一何かの疾患があった場合は早期に発見ができ、解決することができるからです。また普段医師と関わりが無い方も、年に一度健康診断を受けることによりその医療機関とつながりができる為、今後の自分の為にもなるのでお勧めします。更に、体調で気になる所があった場合も、健康診断時の医師の問診で相談する事もできますし、また生活のアドバイスをしてくれる医療機関もあるので、健診を受ける場所も自分で選択する事もできるので、調べてみるのも良いでしょう。健康を維持するためにも前向きに医師と関わり、定期的に健診をすることで心身ともに健康でいられる生活を送りたいものです。

↑PAGE TOP